コーヒーで歯につくステインを防ぐ方法

コーヒー外面
この記事は約2分で読めます。

私は毎日3〜5杯、コーヒーを飲んでいます。

しかしコーヒーを飲むと、歯が茶色くなるので困っていました。

 

そこで歯科医に相談したり自分でも色々と試して、現在は白い歯を保っています。

今回は、コーヒーで歯につくステインを防ぐ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

コーヒーで歯につくステインを防ぐ方法

コーヒー

コーヒーを飲む時に、歯にステインが付かないように私が行なっていることは下記のとおりです。

コーヒーにミルクを入れる

コーヒーはブラックが好きでしたが、歯科医に相談すると少しでも良いからミルクを入れたほうが良いと言われました。

それ以来コーヒーには必ずミルクを入れています。

飲んだ後にうがいをする

コーヒーに限らず赤ワインやチョコレートなども歯にステインがつく原因になるので、食後は必ずうがいをするように心がけています。

口臭予防にもなるので、食後にうがいをする習慣をつけると良いでしょう。

ホットストローを使用する

ホットストロー

コーヒーを飲んでも歯が茶色くならない方法で1番効果を実感しているのが、コーヒーをストローで飲むということです。

しかし通常のストローで熱い飲み物を飲むと、火傷の原因になります。

そこで私は、ホットストローを使用しています。

 

ホットストローとは、韓国を中心に海外では普通に使用されているストローです。

小さな穴が2つあり平べったくすることによって、飲む量を調節しやすくなっています。

ホットストローを使用してゆっくりと吸いこみ、歯の表面にコーヒーが着かないようにします。

まとめ

いかがでしたか。

歯の色が茶色いと、女性に不潔な印象を与えてしまいます。

コーヒー好きの方には、ホットストローの使用をおすすめします。

スポンサーリンク