フリマアプリは簡単です

お金
この記事は約2分で読めます。

「メルカリ」等のフリマアプリは、利用方法がわからなかったり梱包が面倒だからと、敬遠している方がいるかもしれません。

今回は、フリマアプリについてご紹介します。

スポンサーリンク

フリマアプリは簡単です

フリマアプリが簡単なのは、下記の理由からです。

  • 梱包材料は100円ショップで手に入る
  • 宛名書きの必要がない
  • 自分の名前や住所を相手に知られないようにできる
  • コンビニでも発送できる

梱包材料は100円ショップで手に入る

ダンボールや気泡緩衝材(プチプチ)等、商品を梱包する資材は100円ショップで手に入ります。

通信販売で商品を購入した時に、ダンボールや気泡緩衝材を保管しておくのもいいですね。

宛名書きの必要がない

商品を梱包したら、そのままコンビニに持っていきます。

コンビニでQRコードを発行してスキャンしてもらうと、送り状を渡されます。

それを添付するだけで、商品を発送することができます。

自分の名前や住所を相手に知られないようにできる

フリマアプリには、「匿名配送」というサービスがあります。

これを利用すると、自分の名前や住所を相手に知られずに商品を発送することができます。

コンビニでも発送できる

郵便局や配送会社だけでなく、セブンイレブンやファミリーマート等のコンビニからも商品を発送することができます。

おすすめのフリマアプリ

はじめてフリマアプリを利用する方には、下記のフリマアプリがおすすめです。

  • メルカリ
  • PayPayフリマ

メルカリ

「メルカリ」は、利用者数が1000万人以上の国内最大のフリマアプリです。

利用者数が多いとデメリットもありますが、閲覧数が多いと商品が早く売れやすいのでおすすめです。

PayPayフリマ

「PayPayフリマ」はサービス開始からまだ月日が経っていませんが、「メルカリ」にとても似たシステムを採用しています。

したがって「メルカリ」で出品した商品を、容易に「PayPayフリマ」で出品することができるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。

不用品があれば、フリマアプリを利用してお金に変えることができます。

そのお金を、自分への投資に利用していきましょう。

スポンサーリンク