「ブロンズターナー」で顔を小麦色にする

日焼けした男性外面
この記事は約2分で読めます。

適度に日焼けした男性は、女性にモテる傾向があります。

しかし太陽の紫外線は、肌の老化やシミの原因にもなります。

日焼けサロンも、お店に行く手間や経済的コストがかかります。

そこで今回は、「ブロンズターナー」を使って小麦色の肌を手に入れる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

「ブロンズターナー」で顔を小麦色にする

日焼けしている男性

セルフタンニングとは

セルフタンニングとは、実際は日焼けせずに日焼けしたような肌をつくることです。

専用のローションなどを肌に塗って、肌の色を小麦色に変えることができます。

おすすめのセルフタンニングローション

私もいくつかのセルフタンニングローションを使ってきました。

その中でおすすめなのが、「ブロンズターナー」です。

「ブロンズターナー」の特徴

ブロンズターナー

容器は茶色ですが、実際の液体は無色透明です。

他のセルフタンニングローションは茶色だったので、初めて「ブロンズターナー」を使用する時は、これで本当に小麦色の肌になるかなと疑問に感じました。

「ブロンズターナー」の使い方

ブロンズターナーの使い方

「ブロンズターナー」を手のひらに適量をとります。そして手のひらで均等に伸ばして顔に塗ります。

商品説明には、約12~24時間程度で小麦色になりますという記載があります。ただし私は朝「ブロンズターナー」を顔に塗って、約2時間後に得意先の女性から「日焼けしました?」と言われたことがありました。

より小麦色の肌になりたい場合は、時間をおいて重ね塗りをすると良いでしょう。私は就寝前に洗顔して「ブロンズターナー」を落とし、アラミスの化粧品で肌をきれいにしています。

女性から好感度を得られる肌色とは

女性からの好感

ひと昔前は、男性は肌が黒いほうが女性にモテる傾向でした。しかし昨今の美白ブームは、女性だけでなく男性に対しても求められてきています。

私は「ちょっと日焼けしていて健康的な人ね」と女性に思われるのを目的に、毎朝「ブロンズターナー」をひと塗りして活用しています。

まとめ

まとめ

いかがでしたか。

女性にモテる男性になるためには、小麦色の肌だけでなく鍛えられた体や自分に合った髪型も重要です。

鍛えられた体は簡単には得られませんが、適度な小麦色の肌は「ブロンズターナー」を使用して手に入れましょう。

ブロンズターナー公式サイト※1本から送料無料

スポンサーリンク