男性もカラコンでイメージアップ

瞳外面
この記事は約2分で読めます。

「カラコンは女性がするもの」

そう思っている男性は多いでしょう。

 

しかし男性もカラコンを使用することによって、イメージアップすることができます。

今回は、男性のカラコンについてご紹介します。

スポンサーリンク

男性もカラコンでイメージアップ

コンタクトレンズの基礎知識

自分に合ったカラコンを選ぶために、まずはコンタクトレンズの語句の意味を説明します。

DIA

レンズの「直径」を表しています。単位はミリです。

カラコンの場合は、レンズの直径と着色部の直径があります。

PWR

視力を矯正する「度数」を表しています。

「+」は遠視用、「-」は近視用として表示されます。

BC

「Base Curve」の略文字で、コンタクトレンズのカーブの「曲がり度合」を表しています。単位はミリメートルです。

数値が大きいほどカーブが緩く、少ないほど急になっていきます。

DK

コンタクトレンズがどれくらい酸素を通すかの評価値(酸素透過係数)です。

数値が高いほど酸素を通しやすく、目に負担が少なくなります。

おすすめのカラコン

カラコン

私のおすすめのカラコンは、できるだけ自然に目ヂカラがアップして、瞳にやさしいカラコンです。

これは個々人によって異なるので、選ぶポイントを記載します。

できるだけナチュラルなカラコン

女性のカラコンのように黒目を大きくしすぎると、男性はとても不自然に感じます。

色直径13mm前後のカラコンで、男性の場合は十分目ヂカラアップをすることができます。

色はブラックかブラウンのように、瞳に自然と合う色を選びましょう。

できるだけ瞳にやさしいカラコン

一般的にカラコンの知識があまりない男性は、大手メーカのカラコンか大手販売会社が取り扱っているカラコンを選ぶのが無難でしょう。

ただしカラコンを選んだら、購入前に必ず眼科を受診して自分に適しているか確認しましょう。

 

私は初めて使用したカラコンで目に違和感を感じて眼科を受診すると、BCが自分の瞳に合っていませんでした。

その後はコンタクトレンズの語句の意味を理解することによって、自分に合ったカラコンを選ぶことができました。

まとめ

いかがでしたか。

事前に眼科を受診して自分の瞳の状態を確認してから、自分にぴったりのカラコンを選びましょう。


スポンサーリンク